アーカイブ

Archive for the ‘Mac関連’ Category

Macを買ったら必ず入れている無料アプリケーション10選

今回のMacで3代目になるわけですが、まず最初に入れている無料アプリケーションをリストアップ。どれも定番なので目新しいものはないかもしれませんが。

1. AppCleaner

001

Macでは大抵の場合、不要になったアプリケーションをゴミ箱に入れるだけでアンインストールできるのですが、このアプリケーションを使用すると設定ファイルやインストーラも見つけてきて一緒に削除してくれます。

さらに、これまで普通に削除できていたデフォルトのアプリケーションも、Lionではロックがかけられていて削除できなくなっていますが、これを使えば簡単に行えます。

001a

方法は、Preferencesを開き”Protect default apps.”のチェックを外します。

001b

アプリを再起動しアプリケーションアイコンの横に黒い鍵がついている状態から

001c

このように、鍵のない状態になっていれば成功です。

2. Dropbox

002

言わずと知れたオンラインストーレッジ。ボクはすべての年の大学のレクチャーノートや提出課題をすべて保存して、どこでも作業をできるようにしています。

3. Evernote

003

ボクは気になったニュースの記事やライフハックなどを保存するウェブクリップとして使用しています。以前はソーシャルブックマークを利用していたのですが、数年前のページや記事は消えていることが多いので重宝しています。

4. Monolingual

004

よく、Macを買ったらまずはじめにやることとして、OSを再インストールして使わない言語を削除することが上げられますが、このアプリケーションを使うと簡単に削除が行えます。

特にMacBook AirのHDDサイズは小さいので、絶対に使わないであろう言語を削除することをお勧めします。

005

ちなみにボクは英語と日本語以外をすべて削除し1.3GBの容量を確保できました。

5. Paintbrush

006

Mac簡易ペイントツールがデフォルトでインストールされていないのでこのアプリを使っています。ブログにアップするキャプチャー画像もこれで編集しています。

6. Quicksilver

009

ボクがMacを買うと真っ先に入れるランチャーです。たまにWindowsや友人のパソコンを使う際にもCtrl + スペースを打って反応がなく「あれ…?あぁ、Quicksilver入ってないんだった」となってしまうくらい依存しています。

これをインストールしたあとは、必ずログイン時に起動されるよう、スタートアップに登録しておきましょう。

010

方法は、System Preferences > Users & Groupsを選び

011

Login Itemsタブにある+をクリック

012

ApplicationsフォルダにあるQuicksilverを選択します。

013

ドックからはすべてのアプリケーションを削除し、”Hiding”もオンにすることでデスクトップを広く使えるようになりました。

7. Skype

007

言わずと知れたチャットツール。海外にいるときは日本にいる家族と、日本にいるときは海外にいる友人との連絡用に使っています。

8. VLC

008

言わずと知れた動画再生ツールです。海外で買ったDVDなどリージョンコードが掛かったものも再生できるので重宝していました。

9. YoruFukurou

014

Macを買ったらQuicksilverの次に入れるTwitterクライアントです。制作者の@aki_nullさんがTwitter中毒者ということもあり、このアプリケーションでできないことはないと言えるくらい多機能です。こちらも、Quicksilver同様、ログイン時に起動されるようスタートアップに登録しています。

10. LangSwitch

015

Macでの言語設定は英語なのですが、どうしてもYoruFukurouだけは日本語で使いたいというボクのワガママをかなえてくれるアプリケーションです。

016

これが

017

こんな風になります

広告
カテゴリー:Mac関連

MacBook Airを買ったので、OSX Lionの設定を従来通りに戻してみた

発売日の翌日にオンラインでMacBook Air13″をオーダーしたものの、クレジットカードを持っていないためコンビニ振込みでの購入。しかし、振込用紙はなかなか届かないし、振込んでも発送まで5日程度かかると言われもうガマンの限界。Apple Store Ginzaに行って店員さんの話を聞くと、オンラインオーダー分は振り込み用紙が届いても無視すればいいとのことだったので、店頭購入してきちゃいました。

ところが、OSX10.5 (Leopard)からLionに乗り換えたためか戸惑うことが多いので従来の設定に戻してみました。

マルチタッチジェスチャーの解除

OSX Lionには、マルチタッチジェスチャーという、iPhoneと同じスクロール方法がデフォルトで設定されていますが、Magic Mouseなどを使ってきた人は違和感があるのではないでしょうか?

001

この設定をはずすには、System Preferences > Trackpadを選択

002

Scroll & Zoomタブにある”Scroll direction: natural”のチェックをはずす

日本語入力の設定、書式設定を変更する

言語設定を英語にすると、最初は日本語を打てません。

003

なので、System Preferences > Keyboardを選択します。

004

Input Sources…を選択します。

005

このタイミングで、FormatsタブにあるRegionをAustraliaに設定しておくと、日付表示を「曜日, 日 月 年」 に変更できるので、カレンダーなどが見やすくなります。

006

Input Sourcesタブを選択し、ことえりにチェックを入れます。このとき、半角カナ(青で囲ってある部分)にチェックを入れると半角カタカナを打てるようになります。

007

メニューバーに表示されているアメリカのフラグをクリックし、上図のようなっていれば設定完了です。”Romaji”を選択しておくと、キーボードショートカットで入力モードの切り替えができるようになり便利です。

必要のないアイコンをメニューバーから消す

上図の青で囲った部分にある、Time MachineやBlutoothなど使う予定のないものアイコンをメニューバーから消してしまいます。

012

アイコンをクリックし、”Open Bluetooth Preferences”をクリック、”Show Bluethooth status in menu bar”のチェックを外します。

009

Bluetoothも同じようにアイコンをクリックし、”Open Time Machine Preferences”をクリック、”Show Time Machine status in menu bar”のチェックを外します。

これでメニューバーがすっきりしました。

FinderにMacintosh HDを表示させる

デスクトップからもMacintosh HDが消えてしまったのは別にいいのですが、サイドバーに表示させるように設定します。

010

まずはFinder > Preferencesを開きます。ちなみに、ここの”Show there items on the desktop”にあるチェックボックスにチェックを入れると、以前のようにデスクトップにハードディスクのアイコンを表示できるようになりますが、今回はスルーします。

011

サイドバーにMacintosh HDを表示させるには、SidebarタブのDevicesにHard disksにチェックを入れます。

012

ここに表示されていれば成功。これで完了です。

レジューム機能をオフにする

Lionの新機能の一つレジューム(再開)機能は、⌘+Qで閉じたときの状態を復元してしまい、一度⌘+Wでウィンドウを閉じてからQuitしなければならず邪魔なのでオフにしてしまいます。

013

まずはSystem Preferences > Generalを開きます。

014

Restore windows when quitting and re-opening appsチェックボックスを外して完了です。

カテゴリー:Mac関連 タグ: